コマ割り

コマ割りを設定するためには集合の選択でコマを選び配置でonを設定してください。コマ数に応じてメインページにコマが描画されます。自動整列をonにしている場合、余白などの設定を変えるごとにコマの位置が設定どおりに位置が変わります。すべてのコマはマウスで位置や形を変更できますが、設定を変えると変更した位置や形はリセットされます。独自のコマを作成する場合は自動配列をオフにしてください。

コマ編集

コマやタイトルはすべてオブジェクトとなっていてクリックで選択可能です。コマを選択すると左上のページの下にコマ編集のボタンが追加されます。コマ編集のボタンを押すと選んだコマ内部に対してオブジェクトを生成し画像や図形を配置できます。

コマ編集のボタンを押すと上のように画面が変わります。メインページの代わりにコマを白抜きした画面になります。操作はメインページと同じで白抜きした部分だけ画像に出力できます。コマをはみ出す表現はコマ編集ではできません、メインページでの編集で配置してください。メインページに戻るためにはページ編集のボタンを押してください。

タイトル

タイトルはon, offでありなしを切り替えることができます。題名の入力を変えるとメインページのタイトルも同じように変更されます。タイトルの位置を変えたり高さを変えたりもできます。文字のサイズは高さに応じて変わるようにしています。タイトルのコマも他のコマと同じように編集することが可能です。タイトルのコマだけテキストのオブジェクトがデフォルトで挿入されています。

コマ数

コマ数を変えるためにはコマ数の横の数字を変えるか行数を選んで列数を変えてください。コマ数の右の数字は列数×行数になっています。コマ数の下で各行を選ぶことができそれぞれの行の列数を変えることができます。コマ数の右の列数は基準になっていますがすべての行の列数はバラバラに変更できます。ただし、オブジェクトが増えると動作が重くなるので行数、列数はそこまで大きな数字を入れない方が無難です。

コマサイズ

コマのサイズは各コマ別々に設定できます。行目の右と列目の右を選ぶことでコマの指定を行い、そのコマの幅をパーセントで変えることができます。行の高さは共通で行目の右で選択して高さをパーセントで変えることができます。パーセントはすべての行や列のパーセントを足してそれから割合を求めます。他の行や列に対してパーセントが多いか少ないかでサイズが変わります。

角度は行は共通で、列は各コマ個別に与えることができます。上の図のようにそれぞれコマのサイズや角度を変更できます。列目の下の角度の下にある編集ボタンはコマ編集を行います。左のメニューで行と列を指定しているので、その指定したコマを編集します。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

効果線

効果線は背景のタイプで集中線などを選ぶかアイコンで太陽と雨のマークを選ぶとオブジェクトを生成できます。生成のルールはペイントと同じでRGBAで定めた範囲ないで繋がる領域に対してエリアを取得します。四角の領域だけでなく曲線を含めた自由な領域を選ぶことができます。アイコンは太陽が集中線、雨が流線に対応しています。ベタフラッシュはタイプから選んでください。描画フラグはアイコンのマークがマウス上に表示されることで確認ができます。

ペイントの解説

設定確認

効果線の設定には様々な項目を用意しています。効果線の本数、角度、ぼかし設定はインプットが一つでわかりやすいと思います。それぞれ値を変えるとサブページがすぐに反映され表示が変わります。オブジェクトを作成してからクリックで選択してから値を変えるとオブジェクトもリアルタイムで描画が変更されます。項目が多いのでそれぞれ試しながら最適な描画を探してください。ただし、画像サイズが大きい場合は反映まで時間が掛かる場合があります。試すだけなら多角形などで範囲を限定して値を変えて試すと素早く表示できます。

空白設定

効果線の線の伸びる長さは空白設定で変更できます。空白のパーセントを変えることで線の伸びる長さを変えることができます。インプットが二つあるので最大と最小で揺らぎを与えることを可能にしているからです。同じ値にすると領域に合わせた楕円の空間が空きます。空間の中心はΔ中心でずらすことが可能です。最大と最小の揺れは二つのsin波で揺らぎを造ります。空揺れの二つの角度を変更して確かめることができます。

線設定

線の太さも揺らぎを与えて表現することができます。線の太さを幅で最小と最大の値を設定します。同じ値の場合はすべての線が同じ幅になります。幅揺れで二つのsin波で線の太さを変化していきます。間揺れを設定することで線と線の間の距離を二つのsin波を使って変化させます。これらの値を変えることで線を多彩に表現できます。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

アイコン

画像でタイプにアイコンを選択することで種々のアイコンをオブジェクトとして生成することができます。アイコンはFont Awesome 5の無料版から選んでいます。他のオブジェクトと同様、サイズや角度を自由に設定できます。色も枠色と中の色を別々に設定できます。

種類

アイコンの種類は図形、動物、矢印など様々な種類から選ぶことができます。実際は1000以上のアイコンがありますが、そこから代表的なアイコンだけを選んでいます。種類を選ぶと下の枠に選んだ種類のアイコンの一覧が表示されます。マウスでクリックすることでアイコンの描画フラグが立ちます。描画フラグはメイン画面で選択したアイコンがマウス上に表示することで確認できます。クリックするとそのアイコンのオブジェクトを生成できます。他のオブジェクトと違い、クリックを連続して押すことができ、オブジェクトを次々と生成できます。

設定

アイコンの設定はサイズ、線の太さ、中埋めの項目があります。サイズだけでなく中の色の設定ができます。ペンなどでできるぼかしの設定はありません。ただ、ペイントツールでアイコンの中を塗りグループ化することでトーンを張ったり効果線の入ったアイコンの描画も可能になります。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

吹き出し

吹き出しのテンプレートを使用するためにはアイコンをクリックするか文字メニュー設定で吹き出しを選択してください。アイコンの向きが違いはしっぽの向きに対応しておりそれぞれ独立に設定が行えます。

吹き出しの中のテキストは設定のテキストをそのまま継承します。横書き、縦書きの設定やフォントやサイズの変更は設定をテキストに変えてそれぞれ選択してください。

テキストの解説

形状

吹き出しの形状はなし、シンプル、多角形、トゲトゲ1、トゲトゲ2、雲、放射が選択できます。なしは背景色のありなしを選べます。それぞれの形は上の例のように漫画でよく使われる形を使えるようにしています。それぞれ細かい設定が可能ですがデフォルトではテキストの中身に応じて適切な範囲で形が決まるようにしています。吹き出しのサイズやしっぽのサイズ、位置を変更することが可能です。

設定

形状によって設定の仕方は変わります。シンプルな形状であれば余白やテキストの位置をずらすことができます。多角形はそれに加え、五角形や六角形など形状を変化させたり角度を変えたりできます。トゲトゲや雲はトゲや雲の数を変えることができ、上の図のように分割が数に対応します。ただし、分割数がそのまま要素の数にはならないのでいろいろ試してください。設定によっては雲の形状がおかしくなったりするので微調整が必要な場合があります。

しっぽ

しっぽはありなしを含めていろいろ設定できます。吹き出しなしと放射の場合はしっぽは表示できません。それ以外の場合は場所とサイズで大きさと位置を決めることができます。場所の2つの角度は根本と先の角度でしっぽの向きを自由に変更できます。サイズの2つの設定は先までの距離と根本の大きさを定めます。しっぽの大きさは吹き出しのサイズ比で決め、根元の大きさは角度で指定できます。

色は枠色と中の色それぞれ別々に設定できます。中の色は枠に囲まれた色で大きさを別に設定することはできません。テキストの色も独立して設定できるので様々な色で表現できます。当然、シンプルな方が見やすくなる場合が多いとは思います、目的に合わせて設定してください。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

SNS投稿サイズ

Twitter

プロフィール400px×400px
ヘッダー1500px×500px
縦長(3:4)960px×1280px(参考)
縦長(1:2)640px×1280px(参考)
横長(16:9)1280px×720px(参考)
横長(2:1)1280px×640px(参考)

Twitterに画像をアップロードする際、決まったサイズ指定はありませんが、スマホやPCで上手く表示させるため、縦横の比率を決めて投稿した方が見やすくなります。ピクセルのサイズは大きい方が綺麗な画質で表示できますが、画像の作成が大変になります。また、長辺が4096pxを超える画像は投稿できなくなります。逆にピクセルが小さすぎる場合は画像が荒く見えるので1000px程度が無難です。

Twitterの場合はgif, jpg, pngのファイル形式がアップロードできます。どれでも作成できるので最後に好きな形式を選んでください。

Instagram

プロフィール320px×320px
正方形(1:1)1080px×1080px(最大基準)
横長(1.91:1)1080px×566px(最大基準)
縦長(4:5)1080px×1350px(最大基準)

Instagramの投稿では横幅が最大1080pxでアスペクト比1.91:1~4.5が基本となります。アスペクト比がそこから外れるとトリミングされ部分的に表示されるようになります。これとは別に、24時間で自動削除されるストーリーズ投稿があります。ストーリーズ投稿ではより大きなサイズで投稿できます。縦長は9:16、横長は16:9が適しているようです。1000px~2000pxで作成すると綺麗な画像で投稿できます。

画像形式はjpg以外はjpgに自動で変換されます。投稿後の画像の表示を考えるとjpgで作成するのがベストです。他の用途も考える場合はpngなど別形式での作成もありになります。

Facebook

プロフィール960px×960px(最大)
カバー画像820px×360px
リンク投稿1200px×630px(参考)
正方形(1:1)2048px×2048px(最大基準)
横長(1.91:1)2048px×1072px(最大基準)
縦長(9:16)1152px×2048px(最大基準)

Facebookへの投稿画像は2048px以下が基準となります。アスペクト比の範囲は1.91:1~9:16となっており、この範囲を外れた場合は自動調整されます。特に理由がなければこの範囲内で画像を作成してください。

推奨されているファイル形式はjpgとpngのようです。公式ページに対応のファイル形式がありますが様々なファイル形式に対応しています。本ツールで作成できるwebpやgifにも対応しています。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

印刷サイズ

ページサイズはフリーで自由に決めることはできますが、実際にはどのサイズを選べばよいか迷うと思います。既定のサイズをいくつか用意しているので印刷を目的とする場合は印刷用紙を選択して描画を始めてください。ここでは既定のサイズといくつかの参考サイズについて解説します。

A判

A0841mm×1189mmA1594×841mm
A2420mm×594mmA3297mm×420mm
A4210mm×297mmA5148mm×210mm
A6105mm×148mmA774mm×105mm
A852mm×74mmA937mm×52mm
A1026mm×37mmA1118mm×26mm

A判はまず面積が1㎡であるA0からスタートし段々小さくなります。縦横比はすべて1:√2になっておりA1, A2と数字を上げるにつれ面積を半分になります。本ツールではA7まで用意していますが、計算すればA8以降もフリーでサイズを入力して指定することができます。

メインページのサイズを決めるためには解像度(dpi)を決めてピクセルでサイズを指定する必要があります。デフォルトでは120dpiに設定していますが、このままで印刷すると荒くなると思います。印刷する場合は印刷機の設定なども確認しながら決めてください。

B判

B01030mm×1456mmB1728mm×1030mm
B2515mm×728mmB3364mm×515mm
B4257mm×364mmB5182mm×257mm
B6128mm×182mmB791mm×128mm
B864mm×91mmB945mm×64mm
B1032mm×45mmB1122mm×32mm

B判でもA判と同様、B0からスタートしますがB0の面積は1.5㎡となります。縦横比はA判と同じ1:√2で定められており、B1, B2と数字が上がれば面積が半分になるのも同じです。こちらも同様、印刷する場合は印刷機の設定などによりdpiを決めてください。

その他

はがき100mm×148mm
名刺55mm×91mm

他に用意しているのははがきと名刺です。はがきは官製はがきのサイズが100mm×148mmとして決まっていてそれを設定しています。私製はがきや往復はがきなどはフリーサイズで入力してください。一方、名刺はサイズが決まっているわけではありませんが、標準的なサイズがあるので設定しています。こちらもサイズを変更する場合はフリーサイズで入力してください。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

色指定

色の指定は図形やテキストなど共通の設定になっています。黒や赤など色を指定してオブジェクトの色を変更することができます。色指定は色の名前による指定(名称)、画面から色を選択(RGBA)、他のオブジェクトから取得(色取得)が選択できます。微妙な色の設定が必要なければ名称で大抵の色は表現できるので便利に使えると思います。細かい設定が必要な時はRGBAで微調整するか、他の画像をオブジェクト化して色を取得すれば思い通りに指定できるはずです。例えば、人の肌の色など色取得で指定すると自然に変更できます。

色指定の選択に関係なく、RGBAの値は一番下の枠で自由に変更できます。数値はすべて0~255の整数が有効になります。また、補色ボタンを押すことで指定中のRGBの補色に変更できます。補色は色相環の反対の色で引き立てる色にしたい場合に使用してください。

名称

色選択で名称を指定すると分類と詳細の項目が追加されます。分類でまず黒、赤、茶などイメージしている色に一番近い色を指定してください。次に詳細でさらに細かく色の指定ができます。詳細は分類の色ごとに設定されており、全部で100種以上あります。まずは名称で色を指定して、RGBAの値を少しずつ変更して色を定めることも可能です。

RGB

RGBの設定はブラウザが用意してある色の指定方法を用います。直線と平面の両方を決めることでRGBが一つ定まります。連続的に変更できるのでRGBの任意の値を色を見ながら決めることができます。また、スポイトアイコンをクリックすることで画面上のRGBの色を取得することができます。

マウスの点と周辺の色を見ながら指定できるので便利です。クリックすることでマウスで指定した色を取得できます。この機能はブラウザの画面だけでなく、他のプログラムで表示している色も取得できます。画像をオブジェクト化しなくてもフォトやペイントで表示している画像の色も取得できます。

RGB

色取得

色取得はRGBのスポイトで取得できる色取得の簡易版です。RGBAの右にある取得ボタンを押すことで画面上の色を取得できます。ボタンを押すと色がグレーに変わり色取得状態であることを示しています。ボタンをもう一度押すかエスケープキーを押すことでこの状態を解除します。取得範囲は真ん中のメイン画面だけでブラウザ以外の色は取得できません。また、周辺を拡大して表示することもありません。こちらは連続して変更しオブジェクトの色を変更して調整したいときに便利になります。

ぼかし(直線)

色を指定する際、ぼかし(グラデーション)の設定も可能にしています。ペン、多角形、円、ペイントなど大抵の場合にぼかしでオブジェクトを描画できます。ぼかしは直線と放射の設定があります。直線は1次元的に連続して色が変化します。上の例では赤から青に変化しています。直線では割合と角度の設定があり、上の例で赤をより多く、青をより多くなど設定できます。角度は直線の方向で0°~360°まで変更できます。

ぼかし(放射)

放射の場合にも直線と同様、割合と角度の設定があります。割合は2色の量を変えることができます。面積で計算していないので50%から少し増やした方がより自然になる場合が多いと思います。角度は真ん中と外側を入れ替えていく方向を想定しています。上の例で、90°で赤と青が完全に混ざった状態、180°で内側と外側が入れ替わった状態として設定しています。また、円の中心位置を変えることもできます。ピクセル単位でx,y座標それぞれ変更して中心を自由に決めることができます。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

自由(多角形、円)

タイプで多角形を選ぶと三角形や四角形を描画できます。左のメニューの項目を変えるかアイコンをアイコンをクリックすることで描画フラグが発生します。四角のアイコンをクリックした場合は描画フラグが立っているとマウス上にグレーの四角が表示されフラグが確認できます。描画フラグが立っている間にメイン画面でドラッグすることで設定した多角形を描画できます。

多角形の角数は後から変更できません。三角形を四角形に変えたい場合や四角形を五角形に変えたい場合は一から作るしかありません。他の設定は後からでも変更できます。

変形

多角形をダブルクリックで選択すると多角形の頂点に小さな丸が描画されます。それぞれの丸はドラッグで変形可能で自由に形を変えることができます。ペンと違って頂点の数を増やすなどはできません。多角形は比較的単純な変形しか必要ないときに使用してください。

円のアイコンを選択するかタイプで円を選択したときは円のオブジェクトを生成できます。円の描画フラグが立っている場合はマウス上にグレーの円が画面に表示されます。多角形と同様マウスをドラッグすることで円のサイズを変えながらオブジェクトが生成されます。

種類は正円と楕円があります。正円を選択している場合はオブジェクトを縦横どのように変形しても正円を保ったまま変形しますグループ化して変形しても正円を保ちます。一方、楕円を選択すると縦横比に応じて円が変形します。

円弧

正円でも楕円でもどちらでも円角度を設定して円弧のオブジェクトを生成できます。角度はx=r, y=0の位置が0°になります。円弧の端を閉じる設定などはありません。中埋めをonに設定すると円弧の端を直線で結び中を塗ります。ぼかしの設定は他と同じで直線と放射があります。

ダブルクリックで円を選択すると円角度で指定する両端に小さな丸が描画されます。マウスでドラッグすることで角度を自由に変更できます。半径(楕円は短径、長径)は楕円でも正円でも常に一定です。自由に曲線を描きたい場合はペンツールを使用してください。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

基本操作

本ツールはパソコンでの操作を前提としています。マウスでアイコンをクリックするかメニューで項目を選択し設定することでオブジェクトを生成します。上の例のようにオブジェクトはテキストや図形、吹き出しなど様々な種類が用意されています。各オブジェクトはマウスでドラッグで移動でき変形など自由に行えます。レイヤーの順番を入れ替えることで重なった場合にどちらを上に表示するか設定できます。レイヤーはドラッグで順番を変更できます。

色指定の解説

選択

クリックでオブジェクトを選択することで上のように8つの小さい四角と回転マークが表示されます。小さな四角の上でドラッグすることでマウスで引っ張る方向にオブジェクトの大きさを変形させます。上下反転もドラッグで可能で、例えば右の四角を左の四角より左側にドラッグすることで左右反転します。文字や画像などすべてのオブジェクトで反転させることで可能です。各オブジェクトの操作は別途マニュアルのメニュー項目で確認してください。

レイヤーの名前はオブジェクトごとに自動で名づけられ、右側のレイヤーの枠に順次追加されます。名前は一覧の下にある別枠で変更できます。オブジェクトを選択するかレイヤーをクリックで選択するとレイヤー名が表示されるのでキーボード入力で自由に変更できます。最後にエンターキーを押して変更を確定してください。

グループ

オブジェクトをグループ化するために、まずオブジェクトを複数選択してください。コントロールキーを押しながらクリックでオブジェクトの選択するか、コントロールキーを押しながらレイヤーをクリックするか、何もない部分をドラッグで複数のオブジェクト領域を選択するかしてください。ctrl+aでページ内のオブジェクトをすべて選択することもできます。対象となるオブジェクトを選択した後、右下のグループ化のボタンを押すとグループとして設定できます。

グループ化した後はオブジェクトの移動や変形をまとめて行うようになります。クリックで選択した際も一つを選ぶだけですべてをまとめた四角の枠が表示されるようになります。変形は一つの場合と同様小さな四角をドラッグで引っ張ることで変形できます。レイヤーの名前はグループごとに自動で命名されます。グループを解除したい場合は右下のグループ分離ボタンをおしてください。

ページ

ページの操作はレイヤーの右にあるページボタンを押してください。ページ追加ボタンとページ追加ボタンが追加されます。最初は1ページだけですが追加ボタンをおすことで好きなだけページを追加できます。追加したページはオブジェクトは何も設定されていません。別のページのオブジェクトをコピーすることは可能です。例えば、ctrl+aで全オブジェクトを選択した後別のページをクリックでページを変更し、メイン画面をクリックした後ctrl+vで全オブジェクトをペーストできます。

ページの削除はページ内の全オブジェクトも一緒に削除します。警告などは出ないので注意してください。また、ページの順序はドラッグで変更可能です。例えば、1ページをクリックを押しながら2ページの下に降ろすと1ページと2ページの内容が入れ替わります。

右クリック

右クリックを押すことで他にないメニュー画面を表示させ項目を選ぶことが可能です。オブジェクト上を右クリックする場合とオブジェクトのない場所を右クリックすることで項目は変わります。上は何もない場所で右クリックを押した場合の例で、戻る、進む、全選択、前ページ、次ページの項目が選択できます。それぞれキーボードやページボタンを押した後の操作で代用可能です。

上はオブジェクトを選択した場合の右クリックの例です。項目が変わっており、最前面、最背面、グループ化、反転横、反転縦、削除の項目が選択可能です。すべてキーボードやマウスの操作で代用可能ですが、比較的よく使うことを想定して設定しています。

ショートカットキー

ショートカットキーを下の表のようにいくつか設定しています。基本的にメインの画面をクリックした後にのみ反応します。エスケープキーに関しては様々なフラグをリセットするので動作が少しおかしい場合にエスケープキーを押すと正常に動作する場合もよくあります。

Ctrl+A全選択
Ctrl+Cオブジェクト選択後、コピー
Ctrl+Vオブジェクトを同位置にペースト
Ctrl+Z操作を戻す
Ctrl+Y戻した操作をやり直す
Deleteオブジェクトの削除
Esc選択やフラグの解除
矢印キーオブジェクトの移動

マニュアルへ移動

ツールへ移動