自由(ペン)

このページでは自由に描画するための設定を行います。いくつかタイプを用意しておりペンによる描画、多角形、円、消しゴムに切り替えることができます。消しゴムはペンの制御点を消す操作になり多角形、円、その他のオブジェクトには効果ありません。オブジェクトの一部を消す場合は上から白色で塗りつぶすなどしてください。このページではペンについて解説します。

自由(多角形、円)の解説

描画開始

描画を開始するためには上のアイコンのペンを選ぶか、左のメニューの項目を変更すると描画開始のフラグが立ちます。描画できるかどうかはメインの画面のマウスの位置にグレーの点が描画されることで確認できます。アイコンのペンは2種類ありますが、それぞれでメニュー項目を別々に記録されます。例えば、線の太さ、色、種類など別々に設定が保存されていきます。ブラウザが記憶するのでページの再読み込みや再訪問時なども設定が記録されたままになります。

描画開始をしてからエスケープか右クリックを押して終了するまでの点や線を一つのオブジェクトとして保存します。保存したオブジェクトを左クリックで選択して引き延ばしや縮小、反転、回転など自由に変更できます。クリックで選んだあとに隅の四角を選ぶことでその方向に図を変形できます。回転マーク上でクリックして動かすことで回転ができます。

種類

ペンの種類はドット、連続、直線、曲線があります。それぞれ描画方法や表示の仕方が異なります。ドットと連続はマウスを押している間、ずっと点や線を追加していきます。直線と曲線はマウスのクリックごとに点を追加します。連続や直線は各点を線でそのまま結びます。描画を終了する場合はエスケープキーを押すか右クリックを押してください。

曲線はベジェ曲線を採用しています。始点と終点の間に制御点があり、制御点に向けて滑らかな曲線を描画します。消しゴムで点を消す場合は始点と制御点が入れ替わり線が大きく変わる場合があります。

点の移動

ダブルクリックで描画した点を移動させることができます。ドットや連続で点を少し移動させる場合や曲線などの形を変える場合に有効です。ダブルクリックを押すと制御点の位置をすべて赤い丸で示されます。マウスが点の上にいくと赤丸が塗りつぶされ制御点を選んだことになります。制御点を選びながらクリックを押し続けるとその点を動かすことができます。ダブルクリックでの選択はエスケープキーを押すか何もない場所をクリックすると選択状態を抜けることができます。

ダブルクリックでは点の移動以外の機能もあります。点をマウスオーバーで選び、shiftを押しながらマウスをドラッグすると追加した点を動かすことができます。また、十字キーで選択点の移動fで選択点を前後の点の中点に移動、cで選択点のコピー、dで選択点の削除といった機能もあります。選択点はマウスを固定している間は変わりません。

オブジェクトの移動

オブジェクトを選択すると左のメニューの下にオブジェクトの位置や座標一覧などが表示されます。中心の値を変更して中心点の移動することができます。横縦の値は点の端から端までの値で決めており、値を変更することで変形させることができます。角度は時計回りに図形を回転させます。座標一覧は各点の中心からの距離を表示しており、値を変更したり、追加や削除など自由に変更できます。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。