文字

テキストを入力しオブジェクトとして保存できます。フォントは基本のフォントだけでなく、他のサイトからダウンロードできるフォントも利用できるようにしています。方向は縦書き、横書きどちらも設定でき複数行の入力やルビの入力も可能です。一番上の設定を変えることでここで設定したテキストを基に吹き出しの描画もできるようになります。

吹き出しの解説

テキスト

テキストの入力は設定の下にあるテキストボックスに文字を入力してオブジェクトを作成します。ペンの入力などと同様、上のアイコンをクリックするか左のメニューを変更すると描画フラグが発生します。描画フラグが立っている場合はメインページでグレーのテキストがマウス上に表示されます。左クリックでその場所にオブジェクトを生成します。オブジェクトは反転を含め自由に変形可能です。

テキストの入力はエンターキーで改行できます。全角、半角、どちらでも入力できますが絵文字など非対応の文字も多くあります。ルビは縦書き、横書きのどちらにも対応しており最初の<<と>>に挟まれた文字を基準に次の<<と>>に挟まれた文字を少し小さくして上か右に表示します。方向が縦書きの時に{{と}}に挟まれた文字を横書きで表示します。横書きの時には変化ありません。

フォント

フォントはメイリオ、游ゴシック、游明朝、MS Pゴシック、MS P明朝が最初に用意されています。加えて、ローカルから取得とウェブから取得の選択肢を用意しておりフォントを増やすことが可能です。

ローカルフォント

ローカルから取得を選択するとファイルを選択ボタンが追加されます。他のウェブサイトなどからttf、woff、woff2、otfのどれかの形式をダウンロードしてパソコンに保存してください。例えばグーグルで”フリーフォント ttf”で検索すると様々なフォントがダウンロードできます。個人利用でない場合は著作権など確認してから利用するようにしてください。

ファイルを選択を押し、ダウンロードしたフォントファイルを選択すればフォントが追加されます。他にもttcやotcなどフォント形式はありますが変換ソフトでttfなどに変換できれば利用できます。

フォントを追加するとフォントの選択肢に追加したフォントが選択できるようになります。フォントの名前は最初はファイル名で入力されています。名称の横のボックスで自由に入力でき、変更ボタンを押すと名称の変更が可能です。ただし、メイリオなど他で使っている名前があれば名称が登録できません。

ウェブフォント

ウェブフォントを選択するとfamilyを入力するボックスと取得ボタンが追加されます。グレーのボックスにあるようにgoogleのフォントを取得します。https://fonts.google.com/にアクセスすると様々なフォントがあり日本語フォントもあります。select this styleを選ぶとリンクの情報やfont-familyの名前がわかります。Hachi+Maru+Popのようにfamily=の後の文字を入力して取得ボタンを押すとフォントが追加されます。

詳しくはマニュアルを見る必要がありますが、必要な情報はfamilyの名前だけです。上のサイトにアクセスしてlanguageをJapaneseに選択すると日本語フォントがいくつか選択できます。フォントを選ぶと下のような画面に遷移します。

赤枠にあるSelect this styleを選ぶとフォントがブラウザに保存されます。その後上の赤枠にあるメニューをクリックすると保存したフォントの情報を見ることができます。

フォントの情報の中にlinkがあるのでfamily=の後の文字がfont-familyの指定になります。この文字をコピーしてテキストボックスに張り付け取得ボタンを押すとそのフォントを登録して使用することができます。この仕組みを使わず、download familyボタンを押してttfを保存して利用することも可能です。

設定

フォントの設定としてサイズや行間など変更できます。フォントサイズを小さいままオブジェクトを引き延ばして大きく表示することもできます。その場合、画質は悪くなりますが動作は軽くなります。行間は複数行の表示に有効で間の距離を変更できます。種類は太字やイタリックなど指定できます。枠色は上の図のように文字の枠色を変更できます。一つ目の色が中の文字色で二つ目の色が枠色になります。枠太さも変更でき様々な表現が可能です。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

ディスカッションに参加

2件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。