概要

本ツールの目的の一つは上記のように4コマなどをイラストを描くのが苦手な人でも簡単に作成できるようにすることです。効果線や吹き出しのテンプレートをいくつか用意しているのでそこから選択するだけで簡単に漫画が作成できます。

デジタルで漫画を描くツールは増えてきています。他のツールと違う点として効果線などをオブジェクトとして生成した後でもパラメータを変更し、例えば色や線の数などを後からでも簡単に変えられるようにしています。レイヤーも多用し、コマごとに独立して編集できます。画像もドラッグドロップで簡単に挿入できます。また、ネット上にある様々なフォントをインストールしてフォントを利用できます。

アイコンの解説コマの解説テキストの解説吹き出しの解説

特徴の一つとしてコマ割りをかなり自由に設定できるようにしています。コマ同士の間の距離を保ちつつ、別のコマとの角度や大きさの比率を変えることができます。設定項目は多くありますが、使い慣れると便利だと思います。

他の特徴として簡単なgifアニメーションが作成できます。ページの作成とオブジェクトのコピーが簡単にでき、ページごとにオブジェクトを少しずつ動かすことで自由にアニメーションが作成できます。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。