アイコン

画像でタイプにアイコンを選択することで種々のアイコンをオブジェクトとして生成することができます。アイコンはFont Awesome 5の無料版から選んでいます。他のオブジェクトと同様、サイズや角度を自由に設定できます。色も枠色と中の色を別々に設定できます。

種類

アイコンの種類は図形、動物、矢印など様々な種類から選ぶことができます。実際は1000以上のアイコンがありますが、そこから代表的なアイコンだけを選んでいます。種類を選ぶと下の枠に選んだ種類のアイコンの一覧が表示されます。マウスでクリックすることでアイコンの描画フラグが立ちます。描画フラグはメイン画面で選択したアイコンがマウス上に表示することで確認できます。クリックするとそのアイコンのオブジェクトを生成できます。他のオブジェクトと違い、クリックを連続して押すことができ、オブジェクトを次々と生成できます。

設定

アイコンの設定はサイズ、線の太さ、中埋めの項目があります。サイズだけでなく中の色の設定ができます。ペンなどでできるぼかしの設定はありません。ただ、ペイントツールでアイコンの中を塗りグループ化することでトーンを張ったり効果線の入ったアイコンの描画も可能になります。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

ディスカッションに参加

2件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。