吹き出し

吹き出しのテンプレートを使用するためにはアイコンをクリックするか文字メニュー設定で吹き出しを選択してください。アイコンの向きが違いはしっぽの向きに対応しておりそれぞれ独立に設定が行えます。

吹き出しの中のテキストは設定のテキストをそのまま継承します。横書き、縦書きの設定やフォントやサイズの変更は設定をテキストに変えてそれぞれ選択してください。

テキストの解説

形状

吹き出しの形状はなし、シンプル、多角形、トゲトゲ1、トゲトゲ2、雲、放射が選択できます。なしは背景色のありなしを選べます。それぞれの形は上の例のように漫画でよく使われる形を使えるようにしています。それぞれ細かい設定が可能ですがデフォルトではテキストの中身に応じて適切な範囲で形が決まるようにしています。吹き出しのサイズやしっぽのサイズ、位置を変更することが可能です。

設定

形状によって設定の仕方は変わります。シンプルな形状であれば余白やテキストの位置をずらすことができます。多角形はそれに加え、五角形や六角形など形状を変化させたり角度を変えたりできます。トゲトゲや雲はトゲや雲の数を変えることができ、上の図のように分割が数に対応します。ただし、分割数がそのまま要素の数にはならないのでいろいろ試してください。設定によっては雲の形状がおかしくなったりするので微調整が必要な場合があります。

しっぽ

しっぽはありなしを含めていろいろ設定できます。吹き出しなしと放射の場合はしっぽは表示できません。それ以外の場合は場所とサイズで大きさと位置を決めることができます。場所の2つの角度は根本と先の角度でしっぽの向きを自由に変更できます。サイズの2つの設定は先までの距離と根本の大きさを定めます。しっぽの大きさは吹き出しのサイズ比で決め、根元の大きさは角度で指定できます。

色は枠色と中の色それぞれ別々に設定できます。中の色は枠に囲まれた色で大きさを別に設定することはできません。テキストの色も独立して設定できるので様々な色で表現できます。当然、シンプルな方が見やすくなる場合が多いとは思います、目的に合わせて設定してください。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

ディスカッションに参加

2件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。