SNS投稿サイズ

Twitter

プロフィール400px×400px
ヘッダー1500px×500px
縦長(3:4)960px×1280px(参考)
縦長(1:2)640px×1280px(参考)
横長(16:9)1280px×720px(参考)
横長(2:1)1280px×640px(参考)

Twitterに画像をアップロードする際、決まったサイズ指定はありませんが、スマホやPCで上手く表示させるため、縦横の比率を決めて投稿した方が見やすくなります。ピクセルのサイズは大きい方が綺麗な画質で表示できますが、画像の作成が大変になります。また、長辺が4096pxを超える画像は投稿できなくなります。逆にピクセルが小さすぎる場合は画像が荒く見えるので1000px程度が無難です。

Twitterの場合はgif, jpg, pngのファイル形式がアップロードできます。どれでも作成できるので最後に好きな形式を選んでください。

Instagram

プロフィール320px×320px
正方形(1:1)1080px×1080px(最大基準)
横長(1.91:1)1080px×566px(最大基準)
縦長(4:5)1080px×1350px(最大基準)

Instagramの投稿では横幅が最大1080pxでアスペクト比1.91:1~4.5が基本となります。アスペクト比がそこから外れるとトリミングされ部分的に表示されるようになります。これとは別に、24時間で自動削除されるストーリーズ投稿があります。ストーリーズ投稿ではより大きなサイズで投稿できます。縦長は9:16、横長は16:9が適しているようです。1000px~2000pxで作成すると綺麗な画像で投稿できます。

画像形式はjpg以外はjpgに自動で変換されます。投稿後の画像の表示を考えるとjpgで作成するのがベストです。他の用途も考える場合はpngなど別形式での作成もありになります。

Facebook

プロフィール960px×960px(最大)
カバー画像820px×360px
リンク投稿1200px×630px(参考)
正方形(1:1)2048px×2048px(最大基準)
横長(1.91:1)2048px×1072px(最大基準)
縦長(9:16)1152px×2048px(最大基準)

Facebookへの投稿画像は2048px以下が基準となります。アスペクト比の範囲は1.91:1~9:16となっており、この範囲を外れた場合は自動調整されます。特に理由がなければこの範囲内で画像を作成してください。

推奨されているファイル形式はjpgとpngのようです。公式ページに対応のファイル形式がありますが様々なファイル形式に対応しています。本ツールで作成できるwebpやgifにも対応しています。

マニュアルへ移動

ツールへ移動

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。